第19回全国高等学校版画選手権大会

製作中!2019 年3月18日 16:00頃

取材から帰って作業開始です。

製作ブース順

20190318_s_01_島根県立宍道高等学校

01_島根県立宍道高等学校

20190318_s_02_青森県立弘前高等学校

02_青森県立弘前高等学校

20190318_s_03_東海大学付属静岡翔洋高等学校

03_東海大学付属静岡翔洋高等学校

20190318_s_04_埼玉県立熊谷西高等学校

04_埼玉県立熊谷西高等学校

20190318_s_05_新潟県立佐渡高等学校

05_新潟県立佐渡高等学校

20190318_s_06_広島市立沼田高等学校

06_広島市立沼田高等学校

20190318_s_07_青森県立弘前実業高等学校

07_青森県立弘前実業高等学校

20190318_s_08_神奈川県立多摩高等学校

08_神奈川県立多摩高等学校

20190318_s_09_市立札幌旭丘高等学校

09_市立札幌旭丘高等学校

20190318_s_10_千葉黎明高等学校

10_千葉黎明高等学校

20190318_s_11_埼玉県立熊谷女子高等学校

11_埼玉県立熊谷女子高等学校

20190318_s_12_静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校

12_静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校

20190318_s_13_大阪府立港南造形高等学校

13_大阪府立港南造形高等学校

20190318_s_14_新潟県立佐渡中等教育学校

14_新潟県立佐渡中等教育学校

第19回全国高等学校版画選手権大会

開会式 2019 年3月18日 9:00~

今年は相川中学校の体育館で行われました。


選手入場

市立札幌旭丘高等学校を先頭に入場行進

20190318_04市立札幌旭丘高等学校

20190318_05青森県立弘前高等学校

20190318_06青森県立弘前実業高等学校

20190318_07埼玉県立熊谷西高等学校

20190318_08埼玉県立熊谷女子高等学校

20190318_09千葉黎明高等学校

20190318_10神奈川県立多摩高等学校

20190318_11新潟県立佐渡中等教育学校

20190318_12新潟県立佐渡高等学校

20190318_13静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校

20190318_14東海大学付属静岡翔洋高等学校

20190318_15大阪府立港南造形高等学校

20190318_16島根県立宍道高等学校

20190318_17広島市立沼田高等学校

20190318_18入場行進を終えた選手たち


来賓のご挨拶

20190318_19
20190318_20


歓迎のことば


20190318_21佐渡高等学校 相川分校 伊東さん


選手宣誓

20190318_22島根県立宍道高等学校
江角さん・一之瀬さん・岡田さん


20190318_03

司会は佐渡高等学校 伊藤さん

20190318_02

行進の演奏は
佐渡高等学校 吹奏楽部

20190318_23

開会式終了後ボランティアドライバーと取材に出かけました。

第19回全国高等学校版画選手権大会

テーマ

「佐渡からの眺め」

外国などに旅をすると日本のことが懐かしく思われたり、ふるさとの様々を再発見したりする事があります。
「佐渡」を訪れ佐渡の文化、歴史、生活を取材するなかで ふと思う「ふるさと」…景色、文化遺産、祭り(郷土芸能など)…そうした想いを作品にして下さい。
佐渡の人達は佐渡に生きて思う憧れの地(住んでみたいところ、観たいものや体感したいものなど)についてそのイメージを作品にして下さい。
尚、具象非具象は問いません。

 審査委員長 小林 敬生

第19月回全国高等学校版画選手権大会

オリエンテーション 2019 年3月17日 19:30~

今年は和室です。

ボランティアドライバーと取材の打ち合わせをし、郷土芸能を見ていただきました。はんが甲子園のルールと注意事項などの説明を受けたあと、制作ブースの抽選も行ないました。


ボランティアドライバーと取材の打ち合わせ

20190317_07

郷土芸能披露

20190317_02

仕舞(佐渡高等学校)

20190317_03

鬼太鼓(石花鬼太鼓保存会)

20190317_04

佐渡おけさ(立浪会)

20190317_05

ルールと注意事項などの説明

20190317_01

作業ブース抽選

20190317_06

1番ブースをゲットしたのは、島根県立宍道高等学校。

開会式で選手宣誓を行ないます。


今年の会場は例年とかなり違います。
1番~12番ブースは大集会室に設置しています。

20190317_IMG_7018

さらに、13番・14番ブースは実習室に設置しています。

IMG_7438

IMG_7437

今年の会場は、体育館が老朽化のためかなり変更されました。

作業ブースは大集会室と実習室に分けて設置しています。
大集会室は、毎年オリエンテーションを行なっていた場所です。

会場

クリックで拡大

開会式と閉会式は相川中学校の体育館で行ないます。

20190318_01

ライブ中継は行ないません。

第19回全国高等学校版画選手権大会

本戦選抜校の作品 2019年

カッコ内は選抜回数

市立札幌旭丘高等学校(初)
2019-01-1 2019-01-2 2019-01-3
2年 上田 彩 2年 中原 遥 3年 三上 晴可
青森県立弘前高等学校(9)
2019-02-1 2019-02-2 2019-02-3
2年 鶴見 りさ 2年 山崎 真優 2年 白崎 由芽
青森県立弘前実業高等学校(10)
2019-03-1 2019-03-2 2019-03-3
2年 古屋 清菜 2年 竹浪 愛 1年 藤田 梓
埼玉県立熊谷西高等学校(6)
 2019-04-1  2019-04-2  2019-04-3
2年 中出 凜 2年 羽原 亜美 2年 菱沼 祐希
埼玉県立熊谷女子高等学校(7)
 2019-05-1  2019-05-2  2019-05-3
2年 今井 有莉 2年 縁本 二葉 1年 内田 美咲
千葉黎明高等学校(4)
 2019-06-1  2019-06-2  2019-06-3
2年 林 謙太郎 2年 乘田 歩野歌 2年 高橋 優衣
神奈川県立多摩高等学校(初)
 2019-07-1  2019-07-2  2019-07-3
2年 阿部 朱里 2年 市川 萌 2年 矢木 月菜
新潟県立佐渡中等教育学校(6)
 2019-08-1  2019-08-2  2019-08-3
4年 尾潟 奈々 4年 尾潟 夕夏 4年 笹山 結菜
新潟県立佐渡高等学校(7)
 2019-09-1  2019-09-2  2019-09-3
1年 濱本 玲音 1年 藤原 灯 1年 佐々木 美月
静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校(13)
 2019-10-1  2019-10-2  2019-10-3
3年 上田 小晴 3年 稲村 美凪 3年 糟谷 美月
東海大学付属静岡翔洋高等学校(13)
 2019-11-1  2019-11-2  2019-11-3
3年 門倉 由奈 2年 望月 司 1年 戸塚 俊輔
大阪府立港南造形高等学校(3)
 2019-12-1  2019-12-2  2019-12-3
1年 澤永 実季 1年 畑野 友希 1年 朝井 颯志
島根県立宍道高等学校(初)  
 2019-13-1  2019-13-2  2019-13-3
2年 岡田 鮎香 2年 江角 菜央 3年 一之瀬 樹
広島市立沼田高等学校(5)  
 2019-14-1  2019-14-2  2019-14-3
1年 高藤 百音 1年 釣谷 聡次郎 1年 田中 綾

第19回全国高等学校版画選手権大会

個人部門入賞作品 2019年

新潟日報社賞

新潟日報社賞_大阪信愛学院高等学校_金山悠大阪信愛学院高等学校
金山 悠

NHK新潟放送局賞

NHK新潟放送局賞_神奈川県立弥栄高等学校_三島かのこ神奈川県立弥栄高等学校
三島 かのこ

BSN新潟放送賞

BSN新潟放送賞_静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校_松井咲

静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校
松井 咲

NST賞

NST賞_広島市立沼田高等学校_小林さわ広島市立沼田高等学校
小林 さわ

TeNYテレビ新潟賞

TeNYテレビ新潟賞_岩手県立盛岡第一高等学校_吉田小百合岩手県立盛岡第一高等学校
吉田 小百合

UX新潟テレビ21賞

UX新潟テレビ21賞_島根県立宍道高等学校_柳原榛香島根県立宍道高等学校
柳原 榛香

サドテレビ賞

サドテレビ賞_広島市立沼田高等学校_河野あずさ広島市立沼田高等学校
河野 あずさ

ベストライフ賞

ベストライフ賞_福井県立丹南高等学校_井上未悠福井県立丹南高等学校
井上 未悠

昭和ゴム機工賞

昭和ゴム機工賞_埼玉県立熊谷西高等学校_笹川陸斗埼玉県立熊谷西高等学校
笹川 陸斗

双文社賞

双文社賞_静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校_横田美咲静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校
横田 美咲

第19回全国高等学校版画選手権大会

予選結果/個人賞発表 2019年

第19回大会初戦審査の結果は以下のとおりです。

団体部門 選抜校は3月17日から新潟県佐渡市で開催する本戦大会への出場資格を得ました。


団体部門:本戦出場校


学校名 都道府県 出場回数
市立札幌旭丘高等学校 北海道
青森県立弘前高等学校 青森県 9
青森県立弘前実業高等学校 青森県 10
埼玉県立熊谷西高等学校 埼玉県 6
埼玉県立熊谷女子高等学校 埼玉県 7
千葉黎明高等学校 千葉県 4
神奈川県立多摩高等学校 神奈川県
新潟県立佐渡高等学校 新潟県 6
新潟県立佐渡中等教育学校 新潟県 7
静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校 静岡県 13
東海大学付属静岡翔洋高等学校 静岡県 13
大阪府立港南造形高等学校 大阪府 3
島根県立宍道高等学校 島根県
広島市立沼田高等学校 広島県 5

個人部門:受賞者

賞名 学校名 氏名 学年
新潟日報社賞 大阪信愛学院高等学校 金山 悠 2
NHK新潟放送局 神奈川県立弥栄高等学校 三島 かのこ 2
BSN新潟放送賞 静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校 松井 咲 2
NST賞 広島市立沼田高等学校 小林 さわ 1
TeNYテレビ新潟賞 岩手県立盛岡第一高等学校 吉田 小百合 2
UX新潟テレビ21賞 島根県立宍道高等学校 柳原 榛香 2
サドテレビ賞 広島市立沼田高等学校 河野 あずさ 1
ベストライフ賞 福井県立丹南高等学校 井上 未悠 2
昭和ゴム機工賞 埼玉県立熊谷西高等学校 笹川 陸斗 2
双文社賞 静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校 横田 美咲 2

審査の様子


190116s

第19回大会の作品を募集しています。

募集要項 (DOC)

応募用紙 (PDF)

応募用紙 (DOC)

第18回全国高等学校版画選手権大会

2018年


 小林敬生

 18年目を迎えたこの大会、何よりの特色は3人1組で取材から制作完成までを僅か3日間で……というスケジュールにあります。
通常の美術コンクールは時間をかけて制作された応募作品を並べて優劣を競うというものですが…。この大会、出場校の選手たちには感性や技術力に止まらず精神力を含めた体力とチームワーク迄もが要求されます。
この苛酷ともいえる試練を14校の選手たちは1チームの落伍もなく乗り越えて見せました。彼らの姿を目の当たりにしてこの大会の意義を再認識した思いです。

甲子園出場によって大きく飛躍する球児の姿を目にする事は多多ですが、この大会に於いては出場選手全員が見違えるような成長を見せた、と断言します。完成した作品たちがその事を証明しているのですから…。同時に監督を務められた指導教員の方々の指導力と生徒たちへの愛情、何よりも版画に対する熱意に心からなる敬意を表するものです。

今回の課題は”佐渡からの便り”としました。若い感性が佐渡の文化、歴史或いは風土、景観を現地の人々との触れ合いを通してどのように受け止めたかを素直に表現してもらいたいと考えての事です。
完成したのは取材の中、地元の人々と触れ合う中でイメージした佐渡を素直に表現しょうとする姿が透けて見えるような作品たちでした。その意味で優劣は無いに等しいのですが大会である以上、賞を決めなくてはなりません。臼杵氏と2人、悩ましい時間をかけた挙句の決断でした。

文部科学大臣賞の「拝啓 3月17日の宿根木」は絵画的な意味での完成度に感嘆しました。油性インクの特徴である、色面の強さを存分に生かした色面処理と構成力が3月とはいえ春まだ遠い宿根木の風景を通してこの地に住まいする人々の生活にまでも思いを馳せさせる作品に昇華しています。
中小企業長官賞「舞い続ける」は木版画、水性多色摺りならではの作品です。佐渡の文化、歴史を素直に再構成した力量は見事です。
新潟県知事賞「そして世界へ」は佐渡の生活を裏で支え続ける人々に目を向けた作品です。地元の高校生だからこその視線でしょう。
佐渡市長賞「さどびより」はまさに佐渡、を表現した作品です。荒削りなノミの扱いだからこその力強さが画面にみなぎる作品です。
佐渡版画村賞「春待つ姫津より」はオーソドックスな多色摺り木版画に取り組む姿勢を評価しました。

今回の選手たち、今後いかなる進路を選ぼうともこの苛酷ともいえる試練をのり超えた経験は大きな自信としてそれぞれの身体のなかで生き続けると確信しています。

以上